IT職で挙げられる退職理由

IT技術の進化に伴って関連する業種も増加傾向にあります。
IT業界は将来的に明るく期待が持てる反面、退職をする人が多いのは否めません。

IT職についている人が退職を希望する理由としてまず挙げられるのが収入です。
職種による若干の違いはありますが、技術や経験によって収入が大きく異なります。
退職者が増えれば必然的に人材不足に陥ってしまのは避けられない問題で、人員確保がままならないことで一人辺りの仕事に対する負担が増えてしまっているのが実情です。
仕事量が増えてもそれが給料に反映されにくく、その結果退職を希望する人が増えてしまうことが考えられます。

同じような退職理由にあるのが労働環境への不満です。
前述したように人手不足によって仕事の量が増えればそれに比例して残業する時間も多くなっていきます。
実際に最初の面接の時に提示された休日や勤務時間の条件と大きく違っていたことで会社を退職する決断をするケースも少なくありません。

また独立するために辞めたというパターンもあります。
IT職は独立してもやっていける可能性がある職種です。
スキルや経験を積み一人でも大丈夫だと感じたら独立してみるのも良いかもしれません。
とはいえ、もちろん良いことばかりではありません。
独立するとこちらのサイトIT業界を辞めたいと思ったら見るサイトを見れば分かる通り苦労もありますので、そういった苦労を覚悟の上で独立するのか判断しましょう。

そのほかの理由として挙げられるのが人間関係です。
これはIT職に限ったことではありませんが、職場での人間関係は仕事を続けていく上での大きなモチベーションに繋がると言っても過言ではありません。
特にIT関連はプロジェクトという形で数人の人間が協力し合って進めていく仕事が多いことから仲間同士の協力が必要不可欠です。
同僚や上司とのコミュニケーションが上手く取れなかったという理由で退職してしまう人もいます。