職場を決める時にチェックするところ

IT職は、経験やスキルによって、安定した収入を得られるだけでなく、特定の分野のスキルアップを目指しやすいというメリットがあります。

一方、エンジニアの人数が少ない企業においては、納期の直前に残業時間が長くなったり、一人あたりの仕事量が膨大になったりすることもあり、仕事を辞めたいと考える人もいます。
そこで、同じ職場でIT職として長く働くために、エンジニアの人員配置が適性に行われているところや、一人ひとりのエンジニアに対するフォローアップがしっかりとしているところを職場に選ぶと良いでしょう。

また、様々な分野のサービスを扱っている大手のIT企業では、人事異動の際に苦手な分野の仕事を任せられることがあり、エンジニアの間で離職の理由の一つとなることもあります。
そのため、キャリアに関する不安をなくすために、就職活動を通じて、職場内での段階的な研修制度が設けられているところや、自分のキャリアやスキルなどを活かしやすいところを優先的に探してみましょう。

なお、規模の小さなIT企業の中には、出産や育児をはじめとするライフイベントと仕事を両立しにくいところもあります。
そのため、女性が働きやすいIT企業を見極めるにあたり、求人票や公式サイトなどを参考にして、企業ごとの女性のエンジニアの割合や休暇制度の取得状況などをチェックしてみましょう。

その他、一つの職場でキャリアを積むために、エンジニアの定着率の高い企業を人材紹介会社などに提案してもらうこともおすすめです。